大阪の美容皮膚科ランキング・シミ取り治療編 シミ取り治療ならココで決まり!大阪の美容皮膚科なび
HOME » 種類別に見るシミの原因と治療法 » 肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)

最近良く聞くようになった肝斑(かんぱん)とはどのようなものか原因や有効な治療方法についてまとめました。

左右対称のシミ・肝斑(かんぱん)とは

30代から50代の女性に見られるシミの原因のひとつです。頬からこめかみ、額、鼻の下などにもやっと薄い左右対称のシミが広がるのが特徴的です。

原因としては、女性ホルモンのバランスの変化や乱れです。生理前に濃くなってしまったり、妊娠やピルなどの服用がきっかけになって起きてしまうこともあるそうです。これは、ホルモンの影響によりメラニンをつくる細胞であるメラノサイトがが活性化され生じてしまうためです。要因が女性ホルモンですので男性にはほとんど見られません。閉経後の発症はほとんどなく薄くなったり消えていく傾向にあります。

肝斑によるシミも、紫外線をあびると濃くなることがあります。また、ストレス間違った洗顔法・マッサージいきすぎたスキンケアは刺激となりさらに悪化する可能性もあるため気をつけましょう。

肝斑(かんぱん)の主な治療法

女性ホルモンの乱れが原因であり、他のシミとは治療法が異なります。なかなか自己判断が難しいのが肝斑(かんぱん)ですので、皮膚科などで判断して正しい方法でアプローチしていくのをおすすめします。

治療法としては、内服薬や外用薬の他、色々な方法があります。シミの有効な治療法としてレーザー治療がありますが肝斑に関しては現在のところ不向きで悪化させる原因となると言われています。しかし、最新の機種では、一部肝斑に効果のあるレーザー機器がでてきましたので、クリニックに相談してみましょう。

■おすすめの治療法

  • 内服薬や外用薬
    肝斑治療で最もポピュラーなのがトラネキサム酸を主成分とした内服薬を使う治療です。アミノ酸の一種の成分で、肝斑発症に影響を与えるたんぱく質分解酵素プラスミンを抑える効果があると言われています。約3~6ヶ月という期間が必要となります。その他に外用薬として、ハイドロキノン、レチノイン酸などの治療も行われています。
  • イオン注入
    古い角質や汚れを取りのぞき、肝斑に良いとされる有効成分をトラネキサム酸を肌の表面だけでなく、奥深くまで送り込むことができるのがイオン注入です。通うクリニックにもよりますが、3~4週間に1回の頻度で、5~6回以上の施術が必要となります。