大阪の美容皮膚科ランキング・シミ取り治療編 シミ取り治療ならココで決まり!大阪の美容皮膚科なび

その他

その他のシミの原因となる種類や治療法についてまとめました。

色素沈着

厳密に言うと、シミと色素沈着は違います。シミは本来紫外線や加齢などの原因で自然にできてしまうもの、先天的なものなどですが、色素沈着は、人工的な原因があって、できて色が残ってしまうものです。

例えば、ニキビ跡や傷痕がそうです。ニキビや傷ができてしまうと、皮膚組織が壊されることでしばらく赤みがあったり、その後、茶色い痕として残ることがあります。これは、皮膚が正常にもどった後もメラニン色素が沈着してしまうためなのです。

主な治療法

  • レーザー治療
    茶色い痕が残ってしまった場合、その色の残ってる部分にレーザーをあて、新しい皮膚の再生をさせる治療法です。
  • イオン注入
    高濃度ビタミンCなどの有効成分を肌の奥深くまで浸透させるため電流や超音波を利用して治療する方法です。
  • ピーリング
    ニキビが炎症を起こした時まわりでうっ血が起こりニキビが治った後もこの赤みだけが残ってしまうことがあります。ケミカルピーリングを行うと肌のターンオーバーを促進することができるため有効です。
  • 内服薬・外用薬
    クリニックでは、色素沈着した部分に、肌の漂白剤と言われる成分ハイドロキノンを塗ったり、肌のターンオーバーを高めてあげる内服薬を処方する場合もあります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

そばかすや肝斑のシミと間違われることも多いアザです。皮膚の深い真皮層でメラニンが存在しているため、やや暗めの黒から茶色に見えます。通常本来メラニンをつくる細胞メラノサイトが存在しないのが真皮層なのですが何らかの原因でメラニンが作られてしまうことが原因です。

主な治療法

  • レーザー治療
    皮膚の深い部武運にあるため、奥深くまでレーザーをあてられるQスイッチレーザーを使用する場合が多いのですが、他のシミに比べて回数を多く治療に時間がかかります。

太田母斑

生まれつきや遅れて顔に発症するアザの種類です。目のまわりを中心に頬、額、鼻などに生じ、、褐青色から灰青色調の色をしています。メラニン色素をつくり出す色素細胞が異常に増殖してしまうことが原因とされています。

主な治療法

  • レーザー治療
    メラニン細胞が真皮という皮膚の深いところに存在する疾患のため、短時間で高出力のレーザーを照射するQスイッチ・レーザーで治療する場合が多いようです。真皮部分への治療のため、回数を多く治療には時間がかかります。