大阪の美容皮膚科ランキング・シミ取り治療編 シミ取り治療ならココで決まり!大阪の美容皮膚科なび

老人性色素斑

シミの代表格である老人性色素斑について紹介しています。

多くのシミの原因となっている老人性色素斑とは

その文字からするとお年を召した方がなるシミかなと思うのですが、皆さんが悩まれる多くのシミの原因となっているのがこの老人性色素斑です。

肌は、子供の頃から、日焼けをすると、黒くなり、もとに戻るというターンオーバーを繰り返しています。しかし、大人になると、この紫外線による日焼けがシミとして残ってしまうようになります。つまり、私たちが一番良く知っているシミの原因です。顔や手の甲、腕など日光が当たりやすい部分に出やすく、年齢的にも30代から40代以降に目立ってくるようです。

紫外線に長くさらされた肌が、皮膚の表皮細胞が老化し、色素細胞(メラニン細胞とも呼ばれます。)が活性化して、過剰なメラニンをつくります。これが、褐色のような目立つ色となり、表面に現れるのです。ですので、今でてきたシミは、昔の紫外線にあたってしまった影響だということです。

子供の頃は難しいですが、こまめにUVケアで紫外線をあびないように予防する大切さが分かると思います。

老人性色素斑の主な治療法

今、ホワイトニングなどの化粧品が市販で発売されていますし、クリニックでも化粧品はあります。しかし、できてしまったシミに対しては、即効性はあまり期待できず、気長なお手入れで薄くしていくという方法です。

今すぐに目立つシミを何とかしたい、というのであれば、美容外科などでレーザー治療をする方法があります。

ただし、レーザーで今できてしまったシミを取り除くことはできても、上で説明した通り、紫外線を浴び続け年齢を重ねてしまったというのが根本原因ですので、レーザー治療後も日ごろのホワイトニングケアが重要となります。

■おすすめ治療法

  • レーザー治療
    レーザーはクリニックにより治療法が異なりますが、老人性色素斑の場合、種類としてはQスイッチYAGレーザー、アレキサンドライトレーザーなどを使用するところが多いようです。
    シミ部分にレーザーをあてた後、1週間程度でカサブタが剥がれおち、新しい皮膚に再生を促す治療法です。
    治療後は紫外線に敏感な状態になるため、UVケアが重要になります。
  • レーザー+ホワイトニング
    クリニックによっては、レーザーの効率を高めるため、ホワイトニング化粧品を組み合わせ治療する場合もあります。
  • ピーリング
    シミの原因は色素が沈着して起こります。ケミカルピーリングによって沈着している色素を取り除き肌のターンオーバーの効果を高めてあげることができます。
  • 外用薬や内服薬
    ビタミンCやハイドロキノンなど、美白に効く有効成分があります。クリニックでも処方してもらえます。