大阪の美容皮膚科ランキング・シミ取り治療編 シミ取り治療ならココで決まり!大阪の美容皮膚科なび
HOME » 大阪の美容皮膚科でできるシミ取り治療リスト » レーザー・光(フォト)治療

レーザー・光(フォト)治療

レーザーや光(フォト)によるシミ取り治療とはどのようなものか解説します。
また、レーザーや光(フォト)によるシミ取り治療に強い美容皮膚科の紹介も。

レーザーや光(フォト)のシミ取り治療について

レーザー治療とは、シミをはじめ、アザ、ほくろ、シワなどに行われる治療器を使った方法。異常な皮膚の細胞に、瞬時に照射を行います。

簡単に言うと、レーザーでシミのもととなるメラニン色素を、焼き切るというものです。

照射部分は軽いやけど状態になり、カサブタになって剥がれおちると、新しいキレイな皮膚になっていきます。

医療用レーザーは、安全な人工光線であり、紫外線やX線などの有害光線とは違います。

体に対する副作用も心配なく、人により異なりますが、痛みなども比較的軽く済む方法として選ばれています。

種類としては、大きく分けると、強いレーザーをあてる高出力レーザー治療、弱いレーザーをあてる低出力レーザー治療があります。施術できるクリニックが増えており、最新のレーザーの種類(機器の種類)も誕生し、その効果や有効性も高い期待が持てるようになりました。

今行われている代表的な種類が下記のレーザーです。

  • Qスイッチルビーレーザー
    今から20年ほど前から行われているシミ治療としてポピュラーな方法です。
    肝斑以外のシミやそばかすの改善に使用されます。皮膚の浅い部分のメラニン色素に反応し、濃いシミ治療に適しています。比較的輪郭のはっきりしたシミは、この治療法が適していると言われています。
  • QスイッチYAGレーザー
    シミ治療からあざまで幅広く使用される、浅い部分のメラニン色素に反応する波長、深部のあざなど黒い色に反応する波長の、2つの異なる波長のレーザー光により治療を行える、性能の高い治療機器です。
    唯一肝斑の治療もできるレーザーです。

レーザーや光(フォト)治療が有効なシミの種類

  • 紫外線や加齢によるシミ(老人性色素斑)
  • 雀卵斑(そばかす)
  • ニキビ跡、傷痕などの色素沈着
  • ADM
    ※肝斑はレーザー治療に向かないシミだと言われていますが、一部の機器で治療できる場合もあります。

光(フォト)との違い

上で説明したQスイッチルビーレーザーやYAGレーザーは、短い時間で強いレーザー光線をスポットで照射することで、シミの原因メラノサイトを破壊する方法です。

一方、光治療といわれているのは、IPL(インテンスパルスライト)という幅広い波長の弱い光を、顔全体にフラッシュをあびせるように照射することで、お肌を改善していくものです。

濃いシミや大きなシミはレーザー、全体のくすみや薄く表面のシミなどお肌を白くしていきたい場合は、光(フォト)という、治療内容が違います。

レーザーによるシミ取り治療ができる大阪のクリニック

レーザーでシミ取りを行っているクリニックは、大阪にたくさんあります。でも、レーザーでシミを取るためには、豊富な経験と高い技術力が必要。単に機械から光を照射すれば良いというものではありません。

ここでは、大阪で信頼のできるレーザー治療のクリニックを3院ご紹介。いずれもレーザーによるシミ取りの実績は豊富なので、安心して施術をお任せできるでしょう。

なお、以下ではレーザー治療に関連して光治療(IPLやRF)の情報についても触れました。

シロノクリニック大阪院

クリニックの特徴

シロノクリニックは、北海道から大阪まで全国に6院を展開する美容外科・美容皮膚科。豊胸やワキガ・多汗症治療、肥満外来など幅広い診療に対応しているクリニックですが、基本的にはレーザー治療を専門とするクリニックです。

世界でもトップレベルの最先端レーザー機器を20台以上完備され、お肌の症状に合わせて、経験豊富な医師が治療にあたります。

シミやそばかす治療に絶大な効果のQスイッチYAGレーザーの実績が多いです。肝斑にも効果を発揮する新しい光治療「フォトシルクプラス」もあります。

大阪院院長の清家純子医師は、アンチエイジング・スキンケアのエキスパートとして、関西マダムたちから広く支持を集めています。

施術内容・価格

症状 治療法 価格
シミ フォトRF 1回15,000円
雀卵斑(そばかす) Qスイッチヤグレーザー 1回80,000円~
老人性色素斑(褐色のしみ) Qスイッチヤグレーザー 1mm1,500円
太田母斑(顔青あざ)
伊藤母斑(肩青あざ)
ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
Qスイッチヤグレーザー 1mm1,500円
肝斑(レーザートーニング) Qスイッチヤグレーザー 顔全体100,000円

使用機器

  • トライビーム(Qスイッチヤグレーザー)
  • 機種不明(Qスイッチルビーレーザー)
  • オーロラ(フォトRF)
  • エクセルV(ロングパルスヤグレーザー)
  • 機種不明(炭酸ガスレーザー)、他

基本情報

クリニック名 シロノクリニック大阪院
住所 大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト4F
アクセス 地下鉄「西梅田駅」より徒歩1分
診療時間 11:00~20:00
休診日 不定休
公式HP http://shirono.mbsq.com/

梅田フェミークリニック

クリニックの特徴

梅田フェミークリニックは、全国に6院を構えるフェミークリニックの梅田院。府内には梅田院の他に心斎橋院を展開しています。

梅田フェミークリニックでは多彩な診療メニューを用意していますが、基本的には、美容外科メニューよりも美容皮膚科メニューが中心。よって、シミやそばかす、肝斑などのレーザー治療などの症例は非常に豊富です。

梅田院の井畑院長は、医学博士と形成外科専門医の資格を持つ優秀なドクター。安全を第一に、巧みな技でシミを徹底的に除去します。阪神梅田駅から徒歩1分とアクセスも便利!

施術内容・価格

症状 治療法 価格
シミ・そばかす等 レーザー 5,000円~
シミ・そばかす等 フォトRF 35,000円~
肝斑 レーザー 10,000円~

使用機器

  • メドライトC6(Qスイッチヤグレーザー)
  • SR(フォトRF)

基本情報

クリニック名 梅田フェミークリニック
住所 大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F
アクセス 阪神・地下鉄「梅田駅」より徒歩1分
診療時間 月~土10:30~20:00(日・祝~19:00)
休診日 年中無休
公式HP https://www.femmy-c.com/

梅田中央クリニック

クリニックの特徴

梅田中央クリニックは、全国に21院を展開する中央クリニックグループの一つ。経験豊富なベテランドクターのみしか採用しない、実力派の美容クリニックとして知られています。

同院で用意しているシミ治療は、IPL(光治療)とQスイッチルビーレーザー。薄めのシミにはIPLを、やや濃いシミにはルビーレーザーを推奨しています。IPLは、シミの除去とともに肌のハリも得られる施術として、アンチエイジングを目指す女性たちから広く人気。

梅田中央クリニックの梶院長は、全国の中央クリニックグループの技術指導医も務める美容外科・美容皮膚科の名医。

施術内容・価格

症状 治療法 価格
シミ Qスイッチルビーレーザー 5,000円~
そばかす Qスイッチルビーレーザー 3,000円~
シミ IPL 40,000円~
そばかす IPL 40,000円~
肝斑 ヤグレーザーピーリング 40,000円~
肝斑 IPL 40,000円~

使用機器

  • 機種不明(Qスイッチルビーレーザー)
  • フォトシルクプラス(IPL)

基本情報

クリニック名 梅田中央クリニック
住所 大阪府大阪市北区芝田1-5-12 備後屋ビル5F
アクセス 阪急「梅田駅」より徒歩1分
診療受付時間 9:30~19:00
休診日 不定休
公式HP https://www.shinosaka-chuoh.com/

大阪でシミ取りに人気の最新光治療「フォトシルクプラス」

シミやくすみなどの色素沈着を効率よく改善!

「フォトシルクプラス」は、特殊な光をシミやくすみが気になる部分に照射することで、メラニンにアプローチして気になる色素沈着を改善させるという治療法です。レーザー治療など、光を当てる治療法は複数ありますが、薄いシミにもしっかり反応し、肌の奥にあるメラニン・シミの予備軍にも反応するので、今できているシミの改善はもちろん、シミの予防にもつながります。

コラーゲン繊維を刺激して肌のハリを蘇らせる

フォトシルクプラスの光は、コラーゲンの生成機能を高めるため、肌のハリを蘇らせる効果も期待できます。 さらに光は血管やニキビなどの赤みに吸収されるため、ニキビの赤みなどを抑える効果があるほか、毛穴を目立たなくさせたり、肌のキメが細かくなるなどの効果も期待できるとのこと。色素沈着だけでなく、美肌に関わるさまざまな面に効果を発揮してくれるのです。

「UPL」の光でムダ毛を薄くする効果がある

光脱毛で使用されているアレキサンドライトレーザーなどとは光の質が異なり、フォトシルクプラスでは「UPL」という光を照射します。この光によってさらに色素沈着の改善効果が高まるのですが、メラニンに反応するという点は同じなので、光脱毛の仕組みと同じように照射した部分のムダ毛が薄くなるという効果もあります。

痛みがほとんど無いフォトシルクプラス

フォトシルクプラスの光は、レーザー治療とメラニンに反応する効果が高いため、より効率的に色素沈着を改善することができます。また、レーザー治療は肌の水分に吸収されて熱を発しやすく、痛みが強い上に火傷のような症状を起こすことがありますが、フォトシルクプラスはほとんど痛みがなく、施術後すぐにメイクをすることも可能です。

メラニンは1週間ほどで自然に剥がれていく

カウンセリングが終わり、問題なく施術を行えることになったら、洗顔をして肌を清潔な状態にします。その後治療する部分に冷却ジェルを塗布し、上からフォトシルクプラスを照射していきます。照射後はメラニンがかさぶたのように浮き上がってきて、自然に剥がれていくと同時にシミも薄くなっていくという流れです。かさぶたのようになったメラニンは、1週間ほどで自然と肌から剥がれていきます。

「シミやくすみが気になるけど、レーザー治療は痛みやダウンタイムの長さから躊躇していた」という人は、フォトシルクプラスで痛みを感じることなく効率的に色素沈着を改善することをおすすめします。