大阪の美容皮膚科ランキング・シミ取り治療編 シミ取り治療ならココで決まり!大阪の美容皮膚科なび

ピーリング

クリニックのピーリングについてシミ取りの効果を検証してみました。

また、大阪でピーリングによるシミ取り治療を行う美容皮膚科の紹介もあります。

ケミカルピーリングの知識とシミ取りへの効果

皮膚表面に、フルーツ酸であるグリコール酸や植物の酸であるサチリル酸などをぬって、古い角質層を除去する方法です。酸の働きで、古い角質層を取り除くと、表面のくすみが取り除かれ、新しい肌が表面にでてトーンアップします。

加齢や紫外線が原因のシミは、お肌が自ら守ろうとするためにメラニン色素を大量に作り出すためにおこります。若く新陳代謝が活発な皮膚は、ターンオーバーにより表面まで押し上げられて剥がれおちるのですが、肌の状態が悪くなると、そのまま沈着してシミとなります。この代謝を高めてあげられるのがピーリングの効果です。

しかし、皮膚の奥深いシミ、濃くなってしまったシミは、肌が代謝し、剥がれおちる作用だけでは、簡単に取り除けなくなってしまっています。ピーリングでは、肌表面の角質のみを除去する方法ですので、クスミを取ったり、毛穴をキレイにすることには有効であっても、深刻なシミには、それだけで効果を期待するのはなかなか難しいのです。

シミ治療にはケミカルピーリングよりもレーザーがおすすめ

クリニックでシミ治療をするのであれば、やはりピーリングよりも、レーザー治療が適しています。特に、炎症を起こさないくらいの低出力で広範囲に照射する新しいレーザー治療、レーザートーニングはおすすめです。

高出力レーザー治療では治療できなかった肝斑や炎症性色素沈着にも有効な画期的方法です。シミを何とかしたいのであれば、この新しい技術をぜひ検討してみてください。

そして、シミができやすい体質のお肌をキレイに保つためにピーリングを行うと良いでしょう。

ケミカルピーリングの効果 レーザートーニングの効果
くすみ
毛穴の汚れ除去
軽い表面の薄いシミ
ターンオーバーの改善
ニキビ改善
肝斑
紫外線や加齢によるシミ(老人性色素斑)
雀卵斑(そばかす)
ニキビ跡、傷痕などの色素沈着
ADM

ピーリング・レーザートーニングができる大阪の美容皮膚科

  • シロノクリニック 大阪院(レーザートーニング)
    レーザー治療専門の美容皮膚科であるため、高い技術力に定評があり、多くの実績のあるクリニック。2種類の波長をもつ「MedLite (メドライト) C6」というQスイッチヤグレーザーで、高いクオリティのレーザートーニングが行え、これまで難しかった肝斑治療も行えるとのことです。
  • 梅田中央クリニック(ピーリング)
    不要な角質を取り除き、新陳代謝を良くするメディカルピーリングが受けられるクリニック。ニキビ跡、くすみ、薄い顔全体に広がる軽いシミなどに効果があるとのことです。肌本来の再生力を高めて、シミのできずらい健やかな状態へと導いていけます。